もっと借りたくなった時には

カードローンの利用時には、必ずといっていい程、計画的に利用するよう注意を促されます。無計画に借入れを繰り返していけば、返済で首が回らなくなり、大変な事態になるからです。

 

もっともそのような事態にならないよう、各人収入に見合った限度額が設定されています。もしも限度額いっぱいまで借入れを行うと、返済をして残高を減らさなければ追加の借入れはできなくなります。

 

だからこそ計画的に利用すべきですし、安易に借入れを繰り返すべきではありません。しかし、もしそれでも限度額いっぱいになってしまい、どうしても追加でお金が必要な時には、何とか対策を考えなくてはなりません。

 

限度額いっぱいまで借りているので、別会社で新たにカードローンを組む人もいますが、あまりお勧めはしません。カードローンの返済不能になって、債務整理をする人の多くは、多重債務者であり、同じ道をたどるのは賢明とは言えません。

 

他社で借入れを考える前にしてほしいのは、現在利用しているカードローン会社への相談です。どうしてもお金が必要な事情を話し、相談すれば、限度額を増やしてもらえる可能性があります。借入先が増えなければ返済も1か所のままなので管理もしやすいです。

 

また、限度額が増えれば金利も下がる可能性もあるので、できれば1社にまとめて借りられないかを検討しましょう。

 

1社でまとめて借りる際には対応をするカードローンを選んでおくと良いので、一本化に適するとされるおまとめに人気のオリックス銀行をチェックしてください。